トカラ皆既日食ツアーのオフィシャルトイレに『ラップポン』が選ばれる!

 

 2009年7月22日(水)、屋久島と奄美大島の間に位置するトカラ列島が今世紀最大級の皆既日食が観測できる最適スポットとして国内外から非常に注目されています。今回日本で見ることができる皆既日食は条件がとてもよく中心帯域はトカラ列島の島々で、皆既日食は午前11時頃、約6分以上も続きます。日本列島で皆既日食を見られるのは実に46年ぶりのことで、次回は26年先になります。

部分日食中は昼間なのに世界は相当暗くなります。皆既日食の最大の見ものは太陽から噴き出すコロナです。

皆既日食期間中は大勢の方が来島されますが、心配されるのが『水と環境』への影響です。現地では島民の方々には十分な上下水道設備がありますが、一度に大勢の方が使えるほどではありません。水は潤沢にあるわけではなく特にトイレ事情は深刻な事態が予想され、それによる環境への影響も懸念されます。

 こうした事情を踏まえ、『ラップポントレッカー』が皆既日食観測期間中のオフィシャル仮設トイレとして選ばれました。

ラップポントレッカーは、水を一滴も使わない自動ラップ式可搬型清潔トイレです。トカラ列島の水資源を守るため、ひいてはトカラ列島の自然を守るため、私たちメカトロテックの新興製作所もラップポンで貢献します。

■お問合わせ先

株式会社 新興製作所
  営業本部営業グループ OEM/ODM営業チーム
  担当:菊池  TEL:03-3436-7410