ごあいさつ

ごあいさつ


新興製作所は、岩手山、早池峰山という日本百名山を望み、山肌を渡り来る風に杜の匂いが漂う岩手県花巻市に本社と工場があります。丹精した田畑が広がり日本の原風景を残す土地、そして冬の厳しい気候に育まれた誠実かつ粘り強い社員が一途な企業文化を形成しております。

  弊社は1937年に創業し、太平洋戦争当時はテープ式印刷電信機(モールス信号をさん孔テープに打ち出す装置)を日本陸・海軍に納め、戦後はGHQの要請により、破壊された日本の通信インフラの建て直しのためにいち早く我が国初の和欧文併用の頁式印刷電信機システムを開発し市場に提供するなど、情報通信端末分野で事業基盤を確立致しました。

その後も一貫して、メカトロニクスに軸足をおいた製品開発、モジュール開発を続けて参りました。重ねられた紙、束ねられた紙、通帳などの綴じられた紙の高速ハンドリング技術は、様々な環境で利用される特殊プリンターとして金融機関、流通業向けの製品として結実しております。更に、紙のハンドリングは紙幣のハンドリング、硬貨のハンドリングへと広がり、現金が使われる施設での安心、安全に貢献しています。そして紙を越え、サービス・オートメーション機器へと活躍の場を広げて参りました。

 サービス産業に於けるインフラとしての設備機器が主体であるという製品ラインの性格から、品質、開発期間、納期に対する思い入れは、メカ・ハード・ソフトの専門技術者を擁し、各種工作設備、基板実装設備や各種試験・評価設備を自社内に保有することで徹底して具現化しております。

 機械工学と電気工学・制御工学・コンピュータ・ソフトウエアといった電子工学の融合領域であるメカトロニクス分野は、最先端技術と職人的技術を用い様々な部品を持ち寄る弊社の得意とする典型的な「擦り合わせ型製品」の領域です。日本の製造業だからこそできる、日本の製造業にしか出来ない領域を極め、皆様の様々なご要望にお応えする所存です。日本の内外にメカトロニクス分野で自社製品を販売するだけでなく、弊社の開発、試作、製造能力を企業の皆様に「ワンストップ・モノづくりサービス」として提供しております。製品アイデアを形にしたいというご要望が有れば、是非弊社にお声がけください。

 『期待を超える顧客価値の提供』を信条とし、皆様と共に社会に役立つ製品作りに取組み、未来に日付を入れるお手伝いをしたいと切に願っております。